八五郎の思い出写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その2

<<   作成日時 : 2017/03/10 17:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 2017年1月15日、いつもの葦原へハイイロチュウヒを撮りに行ってきました。明るい時間帯には出てきてくれません。風が強かったので、期待していたのですが!!!
画像
 現れてくれたのは、午後4時36分でした。(1時間ほど前にも出てくれたのですが、遠くて見るだけで撮れませんした)
画像
 ハヤブサが何回か飛びました。気が付くのが遅れ、後姿です。
画像
 水辺にはタゲリがいました。数は少ないです。
画像

画像
 夕暮れの空をハイイロチュウヒが飛んでいます。
画像
この日の日の入りは、午後4時50分です。日が沈み、暗くなってから近くを飛び始めました。暗くて撮れそうもないので、午後5時10分頃、引き上げました。
 茨城県常総市の田んぼにアネハヅルが出ているとの情報をいただいたので、1月22日に行ってみました。場所が分かるか心配でしたが、田んぼの脇道に沢山の車が停まっていたので、すぐに分かりました。
画像
 アネハヅルが一羽、田んぼでエサを探しているようです。私が訪れたのは、午前7時過ぎですが、50人以上のカメラマンがいました。
画像
 アネハヅルはヒマラヤを越えて飛んでいくという事で有名なツルの仲間です。稀に九州などに渡来するとの事ですが、関東に現れるとは、初見、初撮りです。
 1羽だけしかいないようで、田んぼの中を行ったり来たりしてエサを探しています。飛び立ちそうもないので、午前10時頃、コミミズクを撮りに、葦原へ向かいました。
 コミミズクが生息する葦原には、正午少し前に着きました。出てくるまで時間がありそうなので、三脚にカメラをセットし、レーザーポインターの調整を行いました。
画像
 丁度、杭の上にモズがとまっていました。
 午後1時30分頃、コミミズクが現れたのですが、『こんなに早く出てくるとは!』と、チョット油断していたため、撮りそこなってしまいました。
画像
 午後2時、別の場所にコミミズクがいるという事で、手持ち撮影用のカメラで撮りに出かけましたが、杭にとまったママで動こうとしません。
画像
 また、別の場所に出たという事で行ってみましたが、後姿しか撮れません。結局、最初にカメラをセットした場所で、じっくりと撮ることにしました。
画像
 午後3時30分になって、カメラの近くに出てきてくれました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
 目の前をゆっくりと飛んでくれます。
画像
 午後5時、チョット暗くなってきたのでシャッター速度が上がりません。流してみましたが、ブレています。
画像
 杭にとまったところ撮って、今日の撮影は終了です。
 次にこの葦原を訪れたのは、1月29日でした。この日はハイイロチュウヒを撮るため、脚立と長めの三脚を持っていきます。風が弱いので、あまり期待できません。
画像
 ハイイロチュウヒが現れたのは、日が沈みかけた午後4時50分頃でした。
画像
 2m以上に伸びた葦原の上を低く飛ぶため、非常に撮りにくいです。
画像
 それでも、なんとか撮ることが出来ました。
画像

画像
 正面を向いてくれました。体はまん丸ですね。
画像
 かなり近くを飛んでくれます。目の虹彩の黄色が分かるでしょうか。
画像
 メスも飛んでいます。
画像
 やはりオスの方がいいですね。
画像
 撮影した時間は午後4時52分から午後5時2分までの、わずか10分間でした。短い時間でしたが、よく飛んでくれました。今回は満足して帰りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その2 八五郎の思い出写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる