2021年2月 オリオン座とカノープス

オリオンと冬の大三角210204w1JTK.jpg
 2021年2月4日21時、南の空に“冬の大三角”とオリオン座が明るく輝いていました。横浜の明るい夜空でも、二等星までは、ハッキリと見ることが出来ます。
 こいぬ座の一等星プロキオンと、おおいぬ座の一等星シリウス、オリオン座の一等星ベテルギウスを直線で結ぶと、大きな三角形が描かれます。この事から、“冬の大三角”と呼ばれています。また、オリオン座にはリゲルと呼ばれる一等星があります。全天で21個しかない一等星が2つある星座は、このオリオン座以外には、みなみじゅうじ座しかありません。残念ですが、みなみじゅうじ座は横浜から見ることは出来ません(沖縄石垣島で撮影しました)。
 そこで、2月9日に神奈川県で南の星空がよく見える所、城ヶ島へ行ってみることにしました。
城ヶ島から見た富士山210209w1JGS.JPG 17時、城ヶ島から見た日暮れ前の富士山です。

京急ホテルと城ヶ島灯台210209w1JGS.JPG
 夕陽に照らされた、城ヶ島京急ホテルと城ヶ島灯台です。ホテルは開業から55年経過し、老朽化に伴い2020年5月に営業終了となりました。

日の入210209w1JGS.JPG 17時15分、西の空に太陽が沈んでいきます。

オリオン星座線210209w1JGS.jpg
 18時50分に撮影したオリオン座と、“冬の大三角”です。オリオンの星座線を描いてみました。ギリシャ神話に出てくるオーリーオーンを題材とした星座です。ベテルギウスとリゲルの間にある三つの星(ミンタカ、アルニラム、アルニタクは二等星)は、オーリーオーンの腰の部分で、”オリオンのベルト“と呼ばれています。
 実は城ヶ島に来た理由がもう一つあります。『カノープス』の撮影です。昨年、北海道へ行くフェリーから、それらしい星を撮影したのですが、目印になる星が写ってなかったので、ハッキリと『カノープス』と言い切れる自信がありません。日本からは南の空、水平線上の低い位置に見えるハズ。城ヶ島は南が開けているので、絶好の観察ポイントです。『カノープス』はシリウスに次いで全天で2番目に明るい星ですが、南の低空に見えるため、大気の影響を受けて暗く、見つけにくい星です。中国では、その見つけ難さと縁起の良い赤色に見えることから、”南極老人星”や“寿星”と呼ばれ、見ることが出来れば寿命が延びると言われています。ということで、2月9日は天気予報は快晴で月明かりもなく(月齢27.3)、絶好の“カノープス見日和”なのです。チョット雲が多く心配しましたが、19時を過ぎる頃から雲が消えてきました。

流星210209w1JGS.jpg
 19時10分、偶然にも、“冬の大三角”の左上に流星が流れました。

カノープス210209w1JGS.JPG
 19時07分に出てくることになっているのですが、水平線上に雲が出ているようで、見えてきたのは、19時11分でした。矢印の下に小さく写っているのですが、分かり難いですね。分かりやすくするため、星の軌跡にしてみました。

カノープス16出w1.jpg
 19時10分頃から約16分間の星の軌跡です(シャッター速度 6秒で撮影し、160コマ比較明合成しています)。水平線上を動いている船の航跡の上を昇っていきます。シリウスとの位置関係から、間違いなくカノープスです。

カノープス20出w1.jpg
 星の軌跡を、約20分間にしてみました。冬の大三角とオリオン座との位置関係が分かります。

カノープス210209w2JGS.JPG
 19時58分、カノープスは、かなりはっきりと見えてきました。磯の景色が分かるように明るく撮影しています。

カノープス南中210209w1JGS.jpg
 20時47分、カノープスは南中しました。上には冬の大三角とオリオン座が輝いています。

カノープス50南中前後w1.JPG
 カノープス南中前後30分間の星の軌跡です。

カノープス全w1.JPG 
 19時から21時25分頃までの星の軌跡です。城ヶ島の南の上空は、羽田へ向かう飛行機の航空路になっているため、飛行機の光跡が写ってしまいます。そこで多くのコマを除外して、比較明合成しました。その為、星の軌跡が点線になってしまいました。

恋路ヶ浜210213wIRG.JPG
 2月13日は愛知県渥美半島の伊良湖岬へカノープスを撮影しに行きました。

伊良湖岬星空210213w1IRG.jpg
 ヤシの木の上に冬の大三角とオリオン座が昇ってきましたが・・・。

カノープス南中時刻210213w1IRG.JPG
 カノープスは南中時刻 20時41分になっても見えませんでした。

伊良湖岬星空20分w1.jpg 念のため、南中時刻の前後10分間の写真を比較明合成してみましたが、やはり写っていません。南の空は雲が多いものの晴れており、星々はハッキリ見えるのですが、水平線上は厚い雲で覆われているようです。結局、この夜はカノープスを見ることは出来ませんでした。
 城ヶ島で見ていたので、今シーズンはこれで良しとしましょう。『過ぎたるは猶及ばざるが如し』と云いますし・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント