超望遠レンズRF800mm ファーストレビュー

 2020年7月30日、キャノンから数種のフルサイズミラーレス一眼用レンズが発売されました。
RF800mm200801w1JTK.JPG その中から、焦点距離 800mmの RF800mm F11 IS STM を購入しました。絞り値は、F11に固定されていますが、小型軽量で、価格も比較的に安く設定されています。ただし、フードとケースは別売りです(ポイントなどの値引きを考慮すると、フード、ケースを含めても、実質価格は 12万円位でしょうか)。
 既存の焦点距離800mmの超望遠レンズ EF800mm F5.6 IS USM は、価格が 140万円以上します(このレンズが発売されたことで、130万円台に下がったようですが、まだ高嶺の花です)。

RF800mm200801w2KBG.jpg キヤノンのミラーレス一眼EOS-Rに装着して撮影します。レンズは沈胴構造になっていて、撮影時には約 70mm伸ばして使用します。

 自宅に持ち帰って時は夕方になっていたので、自宅から撮影することにしました。
800mm試写200730w1.JPG 隣の家の鬼瓦です。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/80 秒です。午後5時30分を過ぎているので暗く、シャッター速度が上がりません(以降、全ての写真は手持ちで撮影し、カワセミ以外はノートリです)。手振れ補正が効いているので、ブレていません。

800mm試写200730w2.JPG ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/60 秒です。ブレていません。4段の手振れ補正効果を実現しているとの事ですが、十分、強力に効いているようです。

800mm試写200730w3.JPG 非常に暗い被写体で、ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/30 秒でした。

800mm試写200730w4.JPG 数百メートル離れたアンテナ塔を撮影しました。若干、周辺光量落ちがありますが、現像するときに修正することが出来ます。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/1600 秒です。

800mm試写200730w5.JPG 日没後の午後7時40分、街灯を撮影してみました。ISO感度 6400で、シャッター速度は 1/60 秒です。

800mm試写200730w6.JPG マンションの屋上へ登る階段を撮影しました。ISO感度 6400で、シャッター速度は 0.4 秒です。撮影する時、手すりの上に手をおいて、その上でカメラを構えました。オートフォーカスは効き、ほとんどブレていませんね。

800mm試写200730w7.JPG 庭に赤い花が咲いていたので撮影しました。街灯の光が、僅かにとどいていましたが、かなり暗いですね。花はつぶれていますが、ブレてはいないようです。しかし、オートフォーカスが効かなかったので、マニュアルで調整しました。

 翌日は、帷子川でカワセミを撮影します。
カワセミ200731w1KBG.JPG 距離は20m超です。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/500 秒です。

カワセミホバ200731w2KBG.JPG カワセミのホバリングです(ノートリです)。距離は40m位あり、被写体は小さいですが、オートフォーカスは効きました。被写体との距離より背景との距離が近いので、後ろがチョットうるさいですね。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/500 秒です。

カワセミホバ200731w5KBG.JPG チョットだけ近くからホバリング撮影できました。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/160 秒です。シャッター速度が遅いので、羽はブレてしまいますが、躍動感?はあります。背景が綺麗にボケてくれました。

トンボ200731w1KBG.JPG 対岸近くにある川の中の木の枝に、トンボがとまったので撮影してみました(トリミングしています)。オートフォーカスでは、背景の草にピントをとられるので、拡大表示して、マニュアルでピント調整しました。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/250 秒です。

カワセミ200731w3KBG.JPG トンボがとまっていた枝にカワセミが集まってきました。幼鳥が親鳥にエサをねだっているようです。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/800 秒です。

カワセミ200731w4KBG.JPG カワセミの給餌シーンです。オートフォーカスでは、後ろの草にピントが合うことが多いですが、何とか合ってくれました。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/640 秒です。

カワセミ200731w6KBG.JPG 背景が明るいので、ピントを持っていかれやすいですが、フォーカスポイントをしっかりカワセミに合わせれば、ピントは合ってくれますね。ISO感度 1600で、シャッター速度は 1/2000 秒です。露出補正は+にしています。

 翌日は近くの公園からカワセミ撮影を始めました。
カワセミ200801w1THB.JPG 距離は10m以内です。ISO感度 3200で、シャッター速度は 1/200 秒です。

カワセミ200801w2THB.JPG ザリガニを捕まえたようです。木の上は暗く、ISO感度 3200で、シャッター速度は 1/30 秒です。カワセミが動かなければブレません。

カワセミ200801w3THB.JPG チョットでも動くと、ブレてしまいます。

カワセミ200801w1KBG.JPG 帷子川では、幼鳥が出ていました。20m以上離れています。ISO感度 1000で、シャッター速度は 1/1000 秒です。

ピクセル等倍200801w1KBG.JPG ピクセル等倍でトリミングしてみました。

カワセミ給餌200801w1KBG.JPG 木の葉の陰で給餌していました。撮影条件の悪い場所ですが、けっこうピントきています。かなりトリミングしています。ISO感度 800で、シャッター速度は 1/160 秒です。

カワセミ200802w1KBG.JPG 30m以上離れたところにカワセミがいました。手前に枝葉がある為、オートフォーカスでピントを合わすことが出来ません。そこで、マニュアルフォーカスにし、拡大表示させてピント調整しました。一眼レフのオーバービューファインダーでは拡大表示させることが出来ませんが、ミラーレス一眼は、電子ビューファインなので拡大して表示させることが出来ます。そのことにより、綿密なピント調整が可能になります。

カワウ200802w1KBG.JPG カワウがアユ?を捕まえていました。魚が小さいので、すぐに食べてしまいます。ISO感度 1000で、シャッター速度は 1/2000 秒です。

最短撮影距離6m200801w1THB.JPG このレンズの最短撮影距離、約 6m離れたところから花を撮影しました。トリミングしていません。ISO感度 400で、シャッター速度は 1/100 秒です。背景のボケは綺麗です。

百日紅の花200802w1KBG.JPG 空をバックにして、百日紅(サルスベリ)の花を撮影しました。撮影距離は約 6mで、ISO感度 1000で、シャッター速度は 1/640 秒です。これもノートリです。

107月Bf15m200731w1JTK.JPG 日没 15分前の月齢 10.7の月です。ISO感度 400で、シャッター速度は 1/250 秒です。

107月Af45m200731w2JTK.JPG 日没 45分後の月です。ISO感度 400で、シャッター速度は 1/100 秒です。このレンズの用途は、主に星雲や星団、惑星の撮影です。惑星の撮影としては焦点距離が短いので、同時に発売された2倍のエクステンダーも注文しているのですが、8月2日現在、いつ手に入るか未定です。
 ま、2倍のエクステンダーを付けても、焦点距離は 1600mmにしかならないので、惑星を撮影するには短すぎますね。

 最後にカワセミのホバリングの連続写真で、ファーストレビューを終了します。
カワセミホバ200802w1KBG.JPG
カワセミホバ200802w2KBG.JPG
カワセミホバ200802w3KBG.JPG
カワセミホバ200802w4KBG.JPG
カワセミホバ200802w5KBG.JPG 注:掲載している写真は全てブログ用に解像度を落としています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

おとたけ
2020年08月07日 12:36
元気そうで安心しました。シャンソンに行きたいです。
八五郎
2020年08月07日 16:46

コロナの感染が収束しないので
対策が大変なようです
体温測定やアルコール消毒
1ステージの時間短縮し換気する
など対策しています
2020年09月12日 21:35
初めまして!R6+800㎜f11を所有しています。
八五郎さんは、R+800mmf11を使っていて、最初からAFが迷わずピンが来るんですか? 遠いところも近いところも迷うことなく合いますか? AFは、シャッターボタンですか? 親指AFですか? 
突然、訪れて質問ばかりですいません。教えて頂けたら嬉しいです。
八五郎
2020年09月13日 04:35
コメントありがとうございます。
R6とは、羨ましいです。
Rで800mmf11使っていますが
AFについては、特別に速くはないですが
問題なく合ってくれます。
暗いところやコントラストのないものは
迷いますが
遠いところも近いところも合ってくれます。
AFはシャッターボタンで、AFonボタンは
押したとき、AFがoffする設定にしています。
AFの設定は、サーボAFで領域拡大(上下左右)
にしています。
今、2倍テレコンのテストをしていますが
F22でもAFが効くのには、驚きました。
月や惑星を撮影用にと思っていましたが
野鳥のとまりものなら使えそうです。
それでは、ガンバって撮影してください。

>レンさん
>
>初めまして!R6+800㎜f11を所有しています。
>八五郎さんは、R+800mmf11を使っていて、最初からAFが迷わずピンが来るんですか? 遠いところも近いところも迷うことなく合いますか? AFは、シャッターボタンですか? 親指AFですか? 
>突然、訪れて質問ばかりですいません。教えて頂けたら嬉しいです。