アクセスカウンタ

八五郎の思い出写真館

プロフィール

ブログ名
八五郎の思い出写真館
ブログ紹介
 八五郎さんは私の曽祖父です。昔、横浜の自分の店をたたんで、新橋の天麩羅店『橋善』を手伝ったそうです。当時の店主の遺言で八五郎さんの葬式は『橋善』が出してくれたそうです。会ったことはありませんが、温厚で器用な人だった様です。その八五郎さんの名前を使わせてもらいます。
 八五郎さんは写真に興味はなかったと思いますが、過去に撮った写真を紹介させてもらいます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
2019年のハイイロチュウヒ
2019年のハイイロチュウヒ  2019年1月11日、渡良瀬遊水地へハイイロチュウヒを撮りに行きました。2018年末は、ミラーレス一眼のEOS-Rで撮影しましたが、今回からは、デジタル一眼のEOS-1DXで撮影します。  午後2時、ハイイロチュウヒはねぐらの反対側の川岸にとまっていました。遠いので、かなり小さいです!。ライブビューにして、手動でピント調整しましたが、、これが精いっぱいです。  葦原の上に飛び立ちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/17 15:30
里山の野鳥その6 留鳥
里山の野鳥その6 留鳥  2003年から2013年まで、里山で撮影した野鳥を紹介してきました。そこには多くの野鳥が生息していて、私たちの目を楽しませてくれます。最終回は、里山に住む留鳥です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/12 15:10
2019年 帷子川に春が来た
2019年 帷子川に春が来た  2019年、2月も20日を過ぎると、帷子川中流域の河畔では、梅が咲き、ウグイスが鳴き始めました。(ウグイスの姿は見かけていません)  『梅咲いて ウグイス鳴けば 春近し』 と詠んでみました。  紅梅にメジロが来ています。 略して、『ウメジロー』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/04 11:53
2019年冬 タンチョウの流し撮り パート2
2019年冬 タンチョウの流し撮り パート2  2019年1月30日、31日に流し撮りしたタンチョウの写真を紹介します。パート2では、1/100以上の速いシャッター速度で撮影したものなので、歩留りは良くなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/26 18:11
2019年冬 タンチョウの流し撮り パート1
2019年冬 タンチョウの流し撮り パート1  2014年2月、阿寒タンチョウの里で、初めてタンチョウを撮影して、その後毎年、冬景色の中で撮影しています。  2019年は、1月30日と31日の2日間、鶴居伊藤サンクチュアリで撮影しました。  午前9時30分には、大勢のタンチョウが集まっています。  今年は焦点距離600oのレンズで流し撮りに挑戦です。シャッター速度 1/2000秒では、タンチョウも背景も止まっていますが、  シャッター速度、1/60秒では、背景が流れています。主役のタンチョウを止めて、撮るのは難しいです。数十枚連写撮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/19 17:02
2019年 SL冬の湿原号
2019年 SL冬の湿原号  今年もSL冬の湿原号を撮影しに行ってきました。雪の中を疾走するSLを撮るには、真冬の道東に来るしかありません。2018年は、釧路、標茶間を往復乗車しました。その翌日は塘路駅近くのサルルン展望台で、往路のSLを撮影し、探鳥が来る駅として有名な茅沼駅で、復路のSLを撮影しました。  2019年2月1日は釧路湿原駅近くで撮る予定です。午前9時、初めての場所なので、早めに来ました。  午前9時17分、近くの踏切を網走行きの快速列車が通過して行きました。撮影ポイントを探していると、撮影準備をされてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/14 19:15
2019年冬 道東の雪原にワシは舞い降りた
2019年冬 道東の雪原にワシは舞い降りた  2019年2月8日、『ファースト・マン』という映画が公開されました。この映画は1969年7月21日午前11時56分(日本時間)に人類史上初めて“月”に着陸した人々の物語です。この時、月に降り立ったアポロ11号の船長ニール・アームストロングの言葉に「The Eagle has landed」というのがあります。  2019年1月28日、ワシが舞い降りたのは月面ではなく、北海道風連湖の雪原の上です。オジロワシは翼を広げると2m以上になります。  午前9時、降り続く雪の中、雪原の上に置かれたエサ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/11 19:02
2019年 道東冬紀行
2019年 道東冬紀行  2019年1月27日、北海道苫小牧へ行くため、仙台フェリーターミナルへ車で向かいました。今年に入って二度目の北海道です。前回札幌へは、鉄路と空路で行き来しましたが、今回は海路です。これで、陸、空、海と使うことになります。  午前9時30分、自宅を出発し、首都高、常磐自動車道、仙台東部道路を経て、午後3時30分、仙台フェリターミナルに到着しました。  午後4時25分、この日乗船する太平洋フェリーの“いしかり号”が入港してきました。  午後4時35分、フェリーは着岸しました。乗船受付は午後5... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/09 14:26
2019年冬 札幌探鳥記
2019年冬 札幌探鳥記  2019年1月16日、札幌で探鳥を始めました。この日の撮影場所は真駒内公園です。  地下鉄南北線の真駒内駅から、雪に覆われあ道を真駒内公園へ歩いていきます。途中、昨年ヤマセミを撮影した所を通ったのですが、そこにはカメラマンの姿は見られず、また、ヤマセミの姿もみられません。どうもヤマセミは出ていないようです。とりあえず、エゾフクロウの撮影ポイントへ行ってみることにしました。  公園内の雪に覆われた周遊道路を歩いていると、目の前の林の中の木の幹にアカゲラがとまったようです。  オオアカゲラで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/01/23 19:06
2019年 北海道札幌冬紀行
2019年 北海道札幌冬紀行  2019年1月15日午前5時、始発電車に乗って、北海道札幌へ向かいました。  横浜駅で東海道線に乗換えます。  札幌での目的は撮り鳥ですが、久しぶりに新幹線で行くことにしました。指定券は一か月前に購入済みです。尚、ここでは撮り鳥については掲載しません、別途公開予定です。  乗車するはやぶさ1号は、秋田新幹線のこまち1号を連結し、21番線から発車します。  となりの20番線には、山形新幹線のつばさ121号が停車していました。  21番線には、北陸新幹線のかがやき501号が停車しています... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/22 17:32
2019年 撮り鳥事始め
2019年 撮り鳥事始め  2019年、平成31年の撮り鳥は1月5日から始まりました。近くの帷子川へ向かいます。  まずはカワセミからです。  盛んに川に飛び込んでいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/13 07:16
2019年 しぶんぎ座流星群
2019年 しぶんぎ座流星群  2019年1月3日、年始の混雑を避けるため、少し早めの午前9時過ぎに自宅を出発し、山中湖パノラマ台へ向かいました。途中渋滞に巻き込まれることなく、午前11時30分には、山中湖パノラマ台に到着しました。  パノラマ台から見た、富士山と山中湖です。風は少しあるようですが、快晴です。富士山では強い北風の影響で、南側に雲が出ています。  富士山の北側には、南アルプスが望めます。  午後4時35分、富士山に太陽が沈んでいきます。西の空は、茜色から濃いブルーにグラデーションされていきます。  午後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/09 06:33
2018ゆく年・2019くる年
2018ゆく年・2019くる年  2018年12月31日、この年最後の日の入りを撮るため、富士山(“ふじやま”と読む)神社へ向かいました。  西の空には雲が厚くかかり、太陽を隠しています。晴れていれば、微かに見える箱根二子山(たぶん)に、太陽は沈んでいきます。二子山の手前に見えるビルは、この年の4月27日に開業した、ジョイナステラス二俣川です。この日の日没時刻、午前4時39分になっても、太陽の姿は見えませんでした。  こんなこともあろうかと、前日の30日に日没の瞬間を撮っておきました。午後4時30分、日没時刻より約10分速... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/01 15:14
ミラーレス一眼EOS−Rでハイチュウ撮影に挑戦
ミラーレス一眼EOS−Rでハイチュウ撮影に挑戦  2018年11月27日、キャノンのミラーレス一眼カメラEOS-Rで渡良瀬遊水地へハイイロチュウヒの撮影に行ってきました。ここの撮影条件は厳しく、ハイイロチュウヒが現れるのは日暮れ直前で、しかも逆光となり、非常に撮影し難い場所です。日が暮れてからは、比較的近くで飛び廻ってくれるのですが、気配は感じるものの、撮影することは難しいですね。  EOS-RにはEF600mmf4.0を装着して撮影します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/25 15:46
2018年 ふたご座流星群
2018年 ふたご座流星群  2018年12月14日、ふたご座流星群を撮るため、山中湖へ向かいました。いつも山中湖へは、“道志みち”を通るのですが、今回の撮影場所のパノラマ台は、初めての場所なので、東名高速道路を通って、御殿場から向かうことにしました。後で聞いた話ですが、“道志みち”は9月の台風24号の影響で、通行止めになっているそうです。う回路があるようですが、大分遠回りになるそうです。  御殿場インターチェンジで東名を降りる頃には、空一面雲に覆われ、小雨が降ってきました。途中の三国峠では、小雪がチラついていました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/23 07:07
里山の野鳥その5 夏鳥
里山の野鳥その5 夏鳥  里山での野鳥の思い出は尽きませんが、夏鳥の写真は少ないです。2003年から2012年までに撮影された夏鳥の思い出です。  夏鳥の代表選手のウグイスです。鳴き声はよく聞くのですが・・・姿はなかなか見ることは出来ません。この里山でまともに撮影できたのは、この1枚だけです。背景に溶け込んでいて、色合いも派手ではありません。  一番よく見ることができるのは、キビタキでしょうか。  新緑の中、美しい声を聞かせてくれます。  キビタキはいろいろな鳥の鳴きまねをするようで、コジュケイの鳴きまねもした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/13 13:42
里山の野鳥その4 カワセミ
里山の野鳥その4 カワセミ  私が2003年から2013年にかけて通った里山で一番人気は、何といっても“オオタカ”ですが、野鳥ファン一番人気の“カワセミ”もよく来てくれます。この里山で撮影した“カワセミ”を紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/10 05:54
里山の野鳥その3 水辺の野鳥
里山の野鳥その3 水辺の野鳥  私が2003年から2013年にかけて通った里山には大きな池があり、そこには多くの野鳥が集まってきます。今回は、その水辺の野鳥を紹介します。  美しい羽を水面に映しているのは、オシドリです。  毎年来るようではないですが、2007年の冬は、大挙して押しかけてきました。  オスは美しい色彩豊かな羽を持っています。  オスとメスが見つめあっています。  オス2羽とメス1羽で並んで泳いでいます。三角関係でしょうか。  メスの後をオスがついていきます。かかあ天下のおしどり夫婦でしょうか。おし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/29 18:59
里山の野鳥その2 冬の小鳥たち
里山の野鳥その2 冬の小鳥たち  2003年から2013年まで、横浜近郊の里山で探鳥していました(なぜか最近は足が遠のいています?)。約10年間に里山で撮影した鳥たちの記録です。今回は冬(一部秋も)に見られる小鳥たちです。  まずは珍しい(私にとって)小鳥から紹介します。  2003年1月に撮影したイカルです。木の実や種子を食べに来たようです。太くて黄色い嘴が目立ちます。  通常は群れで現れるのですが、この時は1羽だけでした。この後、この里山で見かけたことはありません。  珍しい小鳥ではありませんが、イカルの仲間のシメ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/26 13:49
里山の野鳥その1 オオタカとノスリと
里山の野鳥その1 オオタカとノスリと  2002年に野鳥撮影を始めました。当初、近くの公園でカワセミを撮影していましたが、近くの里山にオオタカが棲息してと聞いたので、行ってみました。  ウイキペディアによると、里山とは、集落、人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在する山をいうとあります。横浜近郊には公園として整備された里山が多くあります。  オオタカは留鳥として九州北部以北の平地から山地に生息していますが、見る機会は少ないですね。ワシタカ類の中では中型です。この里山には2003年12月から翌年の4月ごろまで、毎週のよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/24 19:15

続きを見る

トップへ

月別リンク

八五郎の思い出写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる