アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「野鳥」のブログ記事

みんなの「野鳥」ブログ

タイトル 日 時
2014年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて
2014年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて 2014年6月14日から21日まで青森県の十二湖へ行ってきました。火の鳥『アカショウビン』に出会うためです。昨年の6月、北海道の帰りに寄り、また、7月には横浜から出かけました。今年は今回の1回だけです。往復1600kmもあるので、何回も行けません。   早朝の6時30分に自宅を出発しました。土曜日でしたが、都心部の道路は結構混みます。第一番目の休憩地の東北自動車道の大谷パーキングエリアに着いたのは、午前9時30分でした。ここまでくると、東北道の下り車線はすいてきます。国見サービスエリアで昼食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 16:36
2012年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて
2012年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて  2012年6月18日、正午過ぎに自宅を出発し、青森県の十二湖へ向かいました。首都高を通り、東北道を北へ走ります。途中前沢サービスエリアで車中泊し、十二湖の撮影場所の池に着いたのは、午前6時30分でした。  アカショウビンは、すぐに出てくれました。今年は幸先がイイです。  でも、思った所には出てくれません。  アカショウビンがとまりそうな枝を、双眼鏡で探すのですが、ブナの木は枝葉が茂っていて見難く、結構苦労します。そのうち、枯れた木の葉が、アカショウビンに見えてきます。石垣島では赤信号がア... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 05:50
2011年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて
2011年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて  秋田県北西部から青森県南西部にかけて、人手の入っていない、ブナを中心とした落葉広葉樹の森が広がっています。そこは白神山地と呼ばれ、1993年12月に屋久島と共に世界自然遺産に登録されました。その北部の十二湖に毎年5月頃、南の国からアカショウビンが繁殖の為にやってきます。  2011年は6月13日から17日まで十二湖へアカショウビンを撮りに行ってきました。  アカショウビンです。昨年と比べて、出が悪いようです。  南の島のアカショウビンとの違いが分かりますか。胸から腹部にかけて、少し白っぽ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 14:52
2014年初夏 南の島へ赤い鳥を訪ねて 石垣島編
2014年初夏 南の島へ赤い鳥を訪ねて 石垣島編  2014年5月31日、宮古から石垣に着いたのは午後4時でした。空港でレンタカーを借り、ホテルへ直行しました。  翌日、ホテルで朝食を済ませ、アカショウビンのいる林道へ向かいました。林道の駐車帯に車を停めると、アカショウビンの鳴き声が聞こえてきます。  この林道では、おおよそどこの木の枝にとまるか、分かってきました。  光のかげんでしょうか、羽の色が明るい紫色に見えます。  見返り美人のような構図が好きです。  林道をカメラをかついで歩いて行くと、カンムリワシがとまっていました。頭部が... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 13:36
2017年 葦原のハイチュウと その3
2017年 葦原のハイチュウと その3  2017年2月11日、北海道からの帰り、仙台でフェリーを下り、コミミズクを撮りにいつもの葦原へ向かいました。仙台港北インターチェンジで仙台東部道路に入り、仙台若林ジャンクションから仙台南部道路を経て、仙台南で東北自動車道を南へ走ります。佐野藤岡インターチェンジで東北自動車道を下り、目的の葦原へ着いたのは、午後2時を過ぎていました。しかし、風が強く、コミミズクは出ないだろうと思い、ハイイロチュウヒを撮ることにしました。  待つこと数時間、午後5時近くになって、遠くに2羽のハイイロチュウヒのメス... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 05:33
2014年初夏 南の島へ赤い鳥を訪ねて 宮古島編
2014年初夏 南の島へ赤い鳥を訪ねて 宮古島編  2014年5月26日から沖縄の宮古島と石垣島へアカショウビンを撮りに行ってきました。  始発の電車に乗り、羽田へ向かいます。午前6時に羽田空港に着き、空港ラウンジでモーニングコーヒーを飲んで、チェックインします。私の搭乗した定刻午前7時00分発那覇行きのANA121便は、羽田空港のA滑走路を午前7時18分に南へ向かって離陸しました。徐々に高度を上げながら、東京湾上空を右へ旋回し、西へ向かいます。..  離陸後、数分して旅客機の巡航高度1万メートルに近づくと、右手に富士山が見えてきました。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 16:05
思い出の2(ツー)ショット
思い出の2(ツー)ショット  最近、近くの川ではカワセミが2羽で頻繁に飛び回っています。これからは鳥たちの恋のシーズンです。  住宅地の河川の人工物の上でカワセミの2ショットを撮りました。  過去に撮影した単独で生息している野鳥の2ショットの写真を探してみました。まずはカワセミから  2012年4月9日、カワセミの交尾シーンです。コンクリートの壁にシルエットが写っていました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/24 15:45
2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その2
2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その2  2017年1月15日、いつもの葦原へハイイロチュウヒを撮りに行ってきました。明るい時間帯には出てきてくれません。風が強かったので、期待していたのですが!!!  現れてくれたのは、午後4時36分でした。(1時間ほど前にも出てくれたのですが、遠くて見るだけで撮れませんした)  ハヤブサが何回か飛びました。気が付くのが遅れ、後姿です。  水辺にはタゲリがいました。数は少ないです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/10 17:10
2017年冬 北海道撮影記 旅の終わりに
2017年冬 北海道撮影記 旅の終わりに  雪原の猛禽たちの続きです(もう猛禽は出てきません)。昼食を済ませると、北海道最終日の恒例となった、日高線勇払(ユウフツ)駅のカササギに会いに行きました。  JR日高線の勇払駅です。昨年に比べて雪が多いようです。  昨年は、駅に車を停め待っていると、何処からともなくカササギが出てきてくれたのですが、今年はなかなか出てきてくれません。しびれをきらし、昨年の夏、子育てをしていた製紙工場の近くへ行ってみました。時々、“カチ、カチ”という鳴き声はするのですが、姿が見えません。2時間近く待ったでしょう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 06:27
2017年冬 北海道撮影記 雪原の猛禽たち
2017年冬 北海道撮影記 雪原の猛禽たち  2017年2月7日、釧路駅前のホテルから風連湖へ向かいました。国道44号線(通称根釧国道)を東へ向かいます。気温は氷点下ですが、国道は除雪されていて、路面は乾燥しています。午前7時半に出発し、午前10時には風連湖に着きました。  凍った湖の中に、オジロワシやオオワシなどが集まっています。 オオワシがチョコンと座っています。チョットひょうきんな顔をしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/02 15:59
2017年冬 北海道撮影記 公園のクマゲラ
2017年冬 北海道撮影記 公園のクマゲラ  2017年2月3日、昨日までの雪が止み、朝から青空がのぞいています。ホテルで朝食を済ませ、昨日、レンジャクと出会った山の手通りのナナカマドの木のところへ行ってみました。  レンジャク達が実を食べつくしたようです。皮だけが残って、実はなくなっています。綺麗に食べるものですね。  アトリが1羽、木の下に落ちたナナカマドの実を食べています。しかし、他のアトリは姿を見せません。  1時間ほど山の手通りを歩いてみましたが、レンジャクとは出会えませんでした。  住宅の庭のえさ箱にゴジュウカラがいま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/16 20:22
2017年冬 北海道撮影記 雪中のレンジャク
2017年冬 北海道撮影記 雪中のレンジャク  2017年1月31日に仙台からフェリーで北海道の苫小牧へ向かいました。マイカーで冬季の北海道へ写真撮影に出かけるのは、昨年に引き続き今年で2回目です。  2月1日、フェリーは定刻午前11時に苫小牧港に着岸しました。苫小牧で昼食をとり、苫小牧東インターチェンジから道央自動車道を札幌へ向かいます。北広島インターチェンジで道央自動車道を下り、西岡公園へ行ってみました。公園の駐車場に車を停め、カメラを担いで遊歩道を歩こうとしましたが、雪が多く思うように進めません。また、鳥の声も少なく、アカゲラが飛ぶ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 06:26
2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その1
2017年 葦原のハイチュウとコミミズク その1  2016年は12月から渡良瀬遊水地へハイイロチュウヒやコミミズクを撮りに行きました。。今シーズン、最初に訪れたのは、12月17日でした。  お昼頃に葦原に着いて、最初に現れたのはチュウヒでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 06:40
2017年 鳥撮り事始め
2017年 鳥撮り事始め  2017年1月2日、鳥撮り始めは、桜の木の枝にとまったカワセミでした。桜の芽は、まだ硬く小さいようです。  If winter comes, can spring be far behind イギリスの詩人シェリーの『西風に寄せる詩』の一節で、“春来たりなば冬遠からじ”ということわざを思い出します(故事ことわざ辞典より)。確実に春は近づいてきています。カワセミ君、桜の咲く頃、撮らせてくださいね。  カワセミ君は元気にエサ捕りをしていました。  1月4日は前夜のしぶんぎ座流星群の撮影の徹... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 14:24
2017年 撮り始め、2016年 撮り納め
2017年 撮り始め、2016年 撮り納め  明けましておめでとうございます。2017年の撮り初めは、近くの富士山(フジヤマと読む)神社で初日の出を撮りました。東に小高い丘があるので、日の出時刻は午前7時頃です。(東京の日の出時刻は午前6時51分です)  日の出2時間前、東の空には木星が明るく輝いています。チョット分かりにくいですが、木星の左側にうしかい座の1等星、アルクトゥールスが輝いています。都会の夜は明るいので、見える星が少ないですね。  木星に目を転じると、おとめ座の星々が見えるはずなのですが、木星の下で輝いている、1等星のス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 14:21
2005年〜06年冬 新潟瓢湖・佐潟の野鳥
2005年〜06年冬 新潟瓢湖・佐潟の野鳥  2005年10月から翌年の3月まで、新潟へ出張していました。休日は主に福島潟に行っていましたが、ハクチョウで有名な瓢湖にも行っていました。  瓢湖は白鳥の餌付けで有名になったので、観光客が多いですね。  湖面にはハクチョウをはじめ、多くの水鳥がいます。  湖面で助走し、飛び立つハクチョウを比較的簡単に撮ることが出来ます。  飛び立ったハクチョウを、間近で撮ることが出来ます。  コハクチョウのようですね。オオハクチョウとの識別は難しいです。  越後の山を背景に、数羽のグループで飛んで... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 06:11
2005年〜06年冬 新潟福島潟の野鳥 その2
2005年〜06年冬 新潟福島潟の野鳥 その2  2005年10月から翌年の3月まで、新潟に出張していた関係で、休日には福島潟で撮り鳥していました。ここには野鳥観察舎があり、天気が悪くても、野鳥の観察、撮影が出来ます。ここでは、猛禽たちを紹介させていただきます。  ここの主役は、チュウヒの様です。  越後の山?(福島県から山形県にまたがる飯豊山系の様です)を背景に気持ちよく飛んでいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/27 12:58
2005年〜06年冬 新潟福島潟の野鳥 その1
2005年〜06年冬 新潟福島潟の野鳥 その1  2005年10月から翌年の3月まで、仕事で新潟へ出張していました。休日は近くの福島潟で撮り鳥です。福島潟には多くの冬鳥が渡ってきます。  ビュー福島潟です。ここでは福島潟の歴史や自然が紹介されています。  葦原の中に野鳥観察舎が立っています。天気が悪くても野鳥を観察することが出来ます。ま、吹雪の時はあたりを見ることは出来ませんが!!! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/26 16:48
2016年秋 やんばるへの旅 その2
2016年秋 やんばるへの旅 その2  やんばるは亜熱帯に属し、降雨量が多く(年平均降雨量は約3,000mm、ちなみに東京の年平均降雨量は約1,500mm)、スダジイ等の常緑広葉樹林が広がっています。ここにはヤンバルクイナやノグチゲラ、アカヒゲ等の貴重な鳥たちが生息しています。  ヤンバルクイナは2012年6月4日、国頭(クニガミ)村の安田(アダ)地区で撮りました。今回、撮り鳥している奥間地区でヤンバルクイナを見かけた事はありません。  ノグチゲラは2015年10月17日に撮りました。ハゼノキの実を食べていました。  2016... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/31 17:31
2016年秋 やんばるへの旅 その1
2016年秋 やんばるへの旅 その1  2016年9月、沖縄のやんばるが33か所目の国立公園に指定されました。やんばるへは2008年以来毎年、ノグチゲラやアカヒゲなどを撮りに行っています。  2008年10月に撮ったノグチゲラです。  2016年は10月12日に出発し、10月16日に帰ってきました。  羽田を飛び立つと、右手に富士山が見えてきます。まだ、雪は降っていないようです。2016年の初冠雪は、10月26日でした。観測史上一番遅いそうです。  那覇空港で車を借り、沖縄自動車道を北へ向かいます。時々強い雨が降る、最悪の天... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/27 15:59
2016年秋 タカの渡り(伊良湖岬)
2016年秋 タカの渡り(伊良湖岬)  2016年10月2日、伊良湖岬へタカの渡りを撮りに行きました。2012年から毎年行っています。 コグンカンドリです。2012年10月3日に撮りました。熱帯の島で生息しているのですが、この時は台風に運ばれてきたようです。もちろん、初めて見ました。  前日に横浜を出発し、恋路ヶ浜の駐車場で車中泊です。夕方着いたときは、駐車場に止まっていた車は数台でしたが、朝、明るくなってみると、ほぼ満車状態です。ここでは、車のすぐそばで、撮り鳥することが出来ます。  午前6時、日の出とともに撮り鳥です。遠... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/11 04:42
2016年 宮古島探訪記
2016年 宮古島探訪記  2016年9月14日から17日までの予定で、沖縄宮古島へアカハラダカに会いに行きました。しかし、台風16号の影響で、アカハラダカとは出会えず、17日は台風の影響で、帰りの飛行機が欠航してしまい、結局、19日に帰ってきました。アカハラダカは朝鮮半島や中国で繁殖し、秋の渡りの時期、対馬から九州を通過して、沖縄には二十四節気の一つ白露の頃、大群で飛来するとの事です。関東では稀に迷鳥として見られるようです。  9月14日、東京は朝から小雨模様でしたが、宮古島は雲が多いものの、明るい空でした。  宮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/08 13:53
2013年夏 青森十二湖(アカショウビンの森)
2013年夏 青森十二湖(アカショウビンの森)  2013年6月18日、青森フェリーターミナルからアカショウビンと出会うため、十二湖へ向かいます。国道7号線を西に走り、国道101号線に入って、五所川原へ向かいます。五所川原を過ぎ、鯵ヶ沢で日本海に出ます。国道101号線はJR五能線と交差しながら、日本海に沿って南下します。天気が良ければ、日本海に沈む美しい夕日を見ることが出来るのですが・・・。  十二湖の旅館に着いたのは、午後6時を過ぎていました。旅館で夕食を済ませ、早めに寝ることにしました。  翌日、雨音を聞きながら、目を覚ましました。天... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 18:13
2013年夏 北海道の旅 6(アカゲラ・クマゲラ)
2013年夏 北海道の旅 6(アカゲラ・クマゲラ)  2013年6月14日、旭川から函館方面へ向かいました。経費節減のため?一般国道で南へ向かいます。途中、苫小牧近くのウトナイ湖へ立ち寄りましたが、鳥の気配が少なく、撮り鳥は出来ませんでした。  室蘭で給油し、道央自動車道の室蘭インターチェンジから高速道路にのりました。道央自動車道の八雲パーキングエリアで夕方を迎えたので、ここで車中泊です。  翌朝、大沼公園インターチェンジで道央自動車道を下り、大沼公園へ向かいました。  地元の人に話を伺うと、アカゲラが営巣しているとの事なので、一緒に撮らさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 16:14
2013年夏 北海道の旅 5(旭岳・十勝岳望岳台)
2013年夏 北海道の旅 5(旭岳・十勝岳望岳台)  2013年6月12日、サロベツ原生花園から大雪山旭岳へ向かいました。  サロベツを午前10時頃出発し、旭岳温泉に着いたのは午後4時でした。ゆっくりと温泉に入り、旭岳ロープウェイ前の無料駐車場で車中泊します。  翌朝、カップ麺で朝食です。駐車場の周りには多くの雪が残っています。  この日のロープウェイの始発は、午前8時です。ロープウェイ駅の周りには湿原があり、多くの花を見ることが出来ます  エゾノリュウキンカです。キンポウゲ科の多年草で、立金花と書きます。お金持ちになりそうな花ですね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 16:11
2013年夏 北海道の旅 4(ベニヤからサロベツへ)
2013年夏 北海道の旅 4(ベニヤからサロベツへ)  オホーツク海を右手に見ながら、早朝の国道238号線、通称オホーツク国道を北西へ走ります。国道238号線は宗谷岬を通って、稚内まで通じています。宗谷国道とも呼ばれています。  浜頓別町を過ぎ、本日、最初の目的地のベニヤ原生花園に着いたのは、午前7時でした。  最初に現れたのは、緑を背景にしたベニマシコでした。  青空を背景にしたベニマシコです。  ノゴマも出てきてくれます。  ノゴマが、盛んに囀っています。  ベニヤ原生花園で一番多いのは、コヨシキリです。  ベニヤ原生花園は、観光... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 12:25
2013年夏 北海道の旅 3(カッコウ托卵物語)
2013年夏 北海道の旅 3(カッコウ托卵物語)  午前4時19分です。北海道の夏の朝は早いですね。日の出岬キャンプ場で朝食を済ませ、オムサロ原生花園へ向かいました。  オムサロ原生花園に咲いている、センダイハギです。多年草、歌舞伎や浄瑠璃で仙台藩の伊達騒動を題材にした伽羅先代萩(メイボクセンダイハギ)に由来すると言われていますが、この花との関係は分かりませんでした。伽羅(キャラ)を‘キャラ’と読ませるのは粋ですね(伽羅が銘木であることに間違いはありません)。また、宮城県の仙台は、萩の名所という事です。  今日、最初に撮影できたのは、カッコ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/01 17:27
2013年夏 北海道の旅 2(走古丹〜オムサロへ)
2013年夏 北海道の旅 2(走古丹〜オムサロへ)  春国岱(シュンクニタイ)から走古丹(ハシリコタン)へ向かいました。春国岱の北側に位置する砂州が走古丹です。アイヌ語のアシリコタン(新村という意味)に由来します。根室のアイヌの酋長チンペイが勢力を持っていた頃、別海のアイヌを当地に移したとの事です。  海岸沿いの道を走っていると、電線にカッコウがとまっていました。しばらく、走ったのですが、探鳥する場所が分からず、次の目的地の野付半島(ノツケハントウ)へ行くことにしました。  野付半島は全長、約26kmの日本最大の砂の半島(砂嘴(サシ))です。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/30 13:59
2013年夏 北海道の旅(車中泊への誘い)その1
2013年夏 北海道の旅(車中泊への誘い)その1  2012年に初めて車中泊で北海道をめぐりました。しかし、この時の車は室内が狭いので、満足できる寝床は望めませんでした(運転するのは楽しい車ですが)。そこで、車中泊に適した車に乗り換えることにしました。  日産自動車のジュークからエクストレイルにしました。  後席を倒せば、荷室はフラットになり、足を延ばして、横になることが出来ます。荷室の上に、銀マットを敷き、その上にエアーマットを敷きました。この上で寝袋に入れば、快適に寝ることが出来ます。  2013年3月30日から4月6日までの九州・四... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/22 15:22
2016年 北海道探鳥紀 勇払・そして我が家へ
2016年 北海道探鳥紀 勇払・そして我が家へ  苫小牧に着いたときは、バケツをひっくり返したような、土砂降りの雨でした。ウトナイ湖へ行って撮り鳥しようと思っていたのですが、諦めて、いつもの食堂で昼食を食べることにしました。食事を終えて外に出ると、雨は止んでいます。また雨が降りそうな気配がしたので、車の中からでも撮り鳥のできるJR日高線の勇払駅へ行くことにしました。今年の2月、カササギと出会った所です。  雨がやんでいたので、駅に車を停め、カメラを担いで近くを歩いてみましたが、カササギはなかなか出てきてくれません。夏は何処かへ行っているのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/03 17:03
2016年 北海道探鳥紀 十勝岳望岳台
2016年 北海道探鳥紀 十勝岳望岳台  上富良野町には、私のお気に入りのキャンプ場があります。上富良野町日の出公園オートキャンプ場です。水洗トイレがあり、温水シャワーも使えます。また、コインランドリーがあるので、溜まった洗濯物が洗濯でき、ゴミも無料で処分できます。そして、次の日に行く十勝岳温泉白銀荘の温泉割引券がもらえます。(600円が400円になります)  翌日、少し早めの朝食を済ませ、十勝岳望岳台へ、ナキウサギを撮りに出発しました。午前7時頃、望岳台に着くと駐車場は満車状態でした。ほとんどの方の目的は、登山の様です。レストハウ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/29 17:34
2016年 北海道探鳥紀 知床峠・羅臼
2016年 北海道探鳥紀 知床峠・羅臼  2014年7月4日に霧の知床峠で撮ったギンザンマシコです。  2016年7月3日も日の出岬キャンプ場で車中泊しました。夜半から風が強くなり、雨も降ってきたようです。海岸近くの駐車場に車を停めたので、風が直接車に当たり、今にも飛ばされそうです。  翌日になっても、風雨が収まる気配はありません。オホーツクの海は大荒れです。大雨の中、知床へ向かいました。  知床の玄関口、宇登呂に着いたのは午後3時頃でした。  知床峠まで行こうかとも考えましたが、天気が回復しそうもないので、宇登呂にある国設知... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/27 06:45
2016年 北海道探鳥紀 オムサロ・枝幸カニ祭
2016年 北海道探鳥紀 オムサロ・枝幸カニ祭  サロベツ原生花園を午前10時頃出発し、オムサロ原生花園に着いたのは午後2時30分でした。いつものところでアリスイが営巣しているようなので、早速カメラを構えて待ちました。しかし、なかなか巣に出入りしません。1回だけ出入りする姿を見たのですが、ほんの一瞬だったので撮れませんでした。例年なら、巣の出入り口で立ち止まり、様子を見るのですが、今年は様子が違います。この日は1枚も撮らず、宿泊場所の日の出岬のキャンプ場へ向かいました。  翌朝の午前3時59分、日の出岬の日の出です。水平線に雲があるので、日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 16:58
2016年 北海道探鳥紀 利尻島へ
2016年 北海道探鳥紀 利尻島へ  6月29日の夕方、翌朝の利尻島鴛泊港行きのフェリーに乗るため、稚内森林公園キャンプ場へ向かいました。  稚内森林公園キャンプ場は無料の広い駐車場で車中泊することが出来ます。ゴミも処分できるので、大変助かります。  ここは小高い丘の上にあるので、稚内を一望できます。  翌朝、稚内フェリーターミナルの駐車場に車を預けて  午前7時15分のフェリーで、利尻島鴛泊港へ向かいます。  北海道北端のノシャップ岬を廻って、利尻島へ向かいます。  鏡のような日本海の水面を利尻富士に向かって進みます... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/22 14:24
2016年 北海道探鳥紀 サロベツ編
2016年 北海道探鳥紀 サロベツ編  2016年6月25日から7月12日まで北海道へ撮り鳥に行ってきました。  首都高、常磐道を通り、仙台港フェリーターミナルに着いたのは午後3時頃でした。乗船手続きは午後3時30分からと思っていたのですが、実際には午後4時30分からでした。  今回乗船する船は、太平洋フェリーの『きそ』号です。仙台港を午後7時40分に出向し、苫小牧港には翌日の午前10時に着岸しました。なんだかんだと待たされ、車で下船したのは午前11時頃でした。  苫小牧で昼食を済ませ、苫小牧東インターチェンジから道央自動車道... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/20 19:27
2016年 南の島の探鳥紀 宮古島後編
2016年 南の島の探鳥紀 宮古島後編  9日目(宮古島3日目)  朝食を済ませ、いつもの池へ向かいました。今日は朝から曇っていて、天気が思わしくありません。  池に着くと、すでにアカショウビンは出てきていました。しかし、林の中は暗く、ISO感度3200にしても、シャッター速度は1/20秒です。  雨が降ったり、止んだりしています。午前9時30分頃になると晴れ間が見えたのですが、午前10時になると、カミナリが轟いてきました。天気がはっきりせず、どうするか迷ってしまいます。  アカショウビンは雨乞鳥とも呼ばれ、雨と縁が深い鳥です... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/18 15:59
2016年 南の島の探鳥紀 宮古島前編
2016年 南の島の探鳥紀 宮古島前編  8日目(宮古島2日目)  朝食前、日の出とともに大野山林へ向かいました。日の出時刻が過ぎても、林の中には、まだ日が差し込んできません。簡単なブラインドをセットし、野鳥の出を待ちました。  午前7時前に水浴びに出てきてくれました。かなり暗いですが、ISO感度を6400にして、明るく撮っています。昨年と比べると、アカショウビンの鳴き声が少ないようです。一旦、ペンションへ朝食を食べに帰りました。探鳥場所の池に戻ったのは午前9時30分でした。アカショウビンは、すぐに現れました。  池の真ん中に置... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/17 16:07
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島から宮古島へ
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島から宮古島へ  7日目(石垣島7日目、宮古島初日)  ホテルをチェックアウトし、撮り鳥へ出発しました  林道に到着すると、すでにアカショウビンは出てきていました。カメラを冷房の効いた車の中から湿度の高い外に出したため、レンズの前面が曇ってしまいました。カスミがかかったような写真になってしまいました。  林道を歩いていると、カンムリワシがとまっていました。車で観察されていた方が教えてくれました。今回も近づき過ぎてしまいました。  アカショウビンも出てきてくれます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/16 14:12
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島後編
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島後編  4日目(石垣島4日目)  この日も朝食後、探鳥地へ向かいました。  目的の林道に着くと、すぐにアカショウビンは現れました。  アカショウビンの顔に木漏れ日が当たっています。  時間が経つと、全体が明るくなります。  カラスバトです。高いところで鳴いています。『モー・モー』と牛の鳴き声に似ています。  林道を歩いていると『ツピィヒィー・・・ツピィチュー・・・』という鳴き声が聞こえてきます。鳥の聞きなし(鳥のさえずりを人間の言葉にすること)は難しいです。正しく表現されているかは分かりま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/13 16:54
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島前編
2016年 南の島の探鳥紀 石垣島前編  1日目(石垣島へ)  2006年5月、石垣島のバンナ岳で炎のような赤い鳥、アカショウビンに魅せられて、2010年から毎年、5月の終わり頃、石垣島へ行くようになりました。  5月29日、始発の電車に乗って、石垣島へ行くため、羽田空港へ向かいました。  羽田から沖縄那覇行きの便に乗ります。石垣島へは直行便が2便あるのですが、時間が良くありません。1便は出発が午前6時10分で始発電車に乗っても間に合いません。もう1便は到着が午後2時25分で石垣に泊まるだけになります。  羽田を離陸すると、し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/06/11 15:19
2013年 宮古島から石垣島へ赤い鳥を訪ねて
2013年 宮古島から石垣島へ赤い鳥を訪ねて  2013年宮古島の続きです  午後4時23分、嘴が赤く、羽根が緑色のハトが出てきました。キンバトです。初見、初撮りです。キンバトの繁殖北限は、宮古島との事です。  明るいところで見ると、羽根の緑は金属光沢があります。眉斑が不明瞭なので、メスの様です。 . ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/28 15:08
2013年 宮古島へ赤い鳥を訪ねて
2013年 宮古島へ赤い鳥を訪ねて  2011年、2012年と石垣島でアカショウビンを撮ったのですが、思う様に撮ることは出来ませんでした。そこで、2013年からは宮古島にも行くことにしました。  宮古島へは石垣島へ行くときに乗り換えで寄ったことはありますが、空港の外へ出たのは初めてです。空港でレンタカーを借り、ネットで調べた探鳥地へ行ってみました。なかなか目的の場所が見つからず、その水場に着いたのは、午後4時30分になっていました。そこには人工の池があり、そこにアカショウビンが水浴びに来るようです。  最初に現れたのは、リ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/05/26 05:40
2016年 夏鳥の季節 パート3
2016年 夏鳥の季節 パート3  4月30日に山中湖の某有名探鳥地にオオルリを撮りに行ったのですが、出がイマイチでした。そのリベンジに、5月13日に行ってきました。  山中湖東岸の『山中湖交流プラザきらら』から撮った富士山です。  今回はバッチリとオオルリを撮ろうと、重たい600mmのレンズを持って行きました。  探鳥地に着くと、水場にキビタキが現れました。  午前7時、朝露に日が輝いています。上手くピントが合いません。  キビタキはよく出てきてくれます。  かなり近いところにも出てきます。数年前に比べると、出はか... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 16:33
2016年 夏鳥の季節 パート2
2016年 夏鳥の季節 パート2  いよいよ夏鳥の季節です。4月30日、今シーズン2回目の夏鳥のオオルリを撮りに山中湖の有名探鳥地に行ってきました。午前4時に自宅を出発し、山中湖畔の無料駐車場に着いたのは午前6時過ぎでした。以前は探鳥地近くに車を駐車できたのですが、現在は湖畔の駐車場から歩かなければなりません。重いレンズとカメラを担いで20分の上り坂を歩くのは辛いので、ミラーレスカメラを持って行きました。探鳥地に着いてみると、カメラマンは10名もいませんでした。連休に入ったので、もっと大勢の人がいると思っていたのですが・・・・・... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/10 14:11
2016年 夏鳥の季節 パート1
2016年 夏鳥の季節 パート1  2016年も早、夏鳥の季節がやってきました。という事で、4月26日、コマドリで有名な探鳥地へ行ってきました。  午前2時に自宅を出発し、現地に着いたのは、午前5時前でした。やや明るくなった駐車場には、数台の車が停まっています。車の中で朝食を済ませ、カメラを担いで撮影場所の小川の河原へ向かいました。撮影場所ではカメラマンが10人くらいカメラを構えていました。  最初に現れたのは、留鳥のアオジでした。  次に現れたのは、これも留鳥のアカハラです。  撮影場所に日が差し込んできましたが、現れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/08 22:28
2012年夏北海道の思い出・車中泊の旅その3(終)
2012年夏北海道の思い出・車中泊の旅その3(終)  知床峠に着いたのは、午後2時30分頃でした。  峠の駐車場は、霧に覆われていて何も見えません。駐車場の周りにはハイマツが茂っています。このハイマツの中で子育てをするそうです。晴れるのを期待し、この駐車場で車中泊することにしました。  翌朝、午前4時20分です。夜中の雨は止んだようですが、依然として霧は晴れません。羅臼岳が見えるはずなのですが、何も見えません。とりあえず、撮影準備だけはしました。  数名の方が、カメラを構えていたので、一緒に撮らさせてもらいました。しばらくして、  霧の中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/29 15:23
2012年夏 北海道の思い出・車中泊の旅その2
2012年夏 北海道の思い出・車中泊の旅その2  サロベツ原生花園に着いたのは、午前6時過ぎでした。カメラを担いで遊歩道を歩いていくと、20名くらいの人たちがカメラを構えていました。『シマアオジが出ていますよ!』との事でした。  初めて撮ったシマアオジです。上面は紫色ぽく、下面は黄色です。北海道では、ごく普通に見られたそうですが、近年急激に数を減らしていて、絶滅が危惧されているそうです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/04/25 07:33
2012年夏 北海道の思い出・車中泊の旅その1
2012年夏 北海道の思い出・車中泊の旅その1  2012年6月29日から7月11日までマイカーで北海道へ鳥撮りに行ってきました。前年、十二湖で知り合った方に夏の北海道の魅力を聞いたのが、きっかけとなりました。行きと帰りのフェリーと、途中の2泊と北海道最後の夜のホテル1泊以外は車中泊です。これだけ長い期間、車中泊で鳥撮りに行くのは初めての経験でした。  仙台港から太平洋フェリーの新いしかりに乗船しました。久しぶりの船旅です。  この時、フェリーでは初めて個室に泊まりましたベットはツインのシングルユースです。時期によっては1.5人分の料金に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/22 08:09
2012年初夏 北海道大沼公園の思い出
2012年初夏 北海道大沼公園の思い出  2012年の5月27日から29日まで、北海道の大沼公園へ行ってきました。大沼公園の初夏は、鮮やかな新緑に彩られています。ここでの主役は、天然記念物のクマゲラやアカゲラではなく、圧倒されるような鮮やかで明るい緑ではないでしょうか。  函館空港から真っすぐに向かったのは、昨年教えていただいたクマゲラの営巣木でした。  今年も同じ場所で営巣しているようなので、安心しました。営巣している所での長時間の観察は厳禁です。この日は早めに切り上げました。  帰る時、道路でキタキツネを見かけました。右の後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 14:22
オリンパス300mmF4  フォトインプレッション
オリンパス300mmF4  フォトインプレッション  オリンパスから単焦点の300mmF4レンズが発売されました。一ヶ月以上前に予約したのですが、注文が多く、初回の出荷数が少ないとの事で、2月26日の発売日には手に入りませんでした。評判が良いようなので、入手できるのは遅くなるかと思っていましたが、3月に入って『入荷しました』との連絡があり、早速引き取りに行ってきました。  300mmF4としてはチョット重めで、価格も高めです。オリンパスのOM-D EM1に装着してみると、バランスはいいですね。早々、近くの川で野鳥を撮ってみました。カメラはマイク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 13:32
日本最小のタカ ツミとの出会い
 2016年3月、オリンパスの新しく発売されたレンズ300mmF4の試し撮りをしながら公園を歩いていると、小鳥が目の前の木の枝にとまりました。  この公園に沢山いるヒヨドリと思いましたが、レンズを向けてみると、なんとタカの仲間のツミではありませんか。  ツミは日本で生息するタカの仲間では最小です。ヒヨドリより少し大きいくらいでしょうか。  小さいとはいえ、くちばしはカギ型に曲がり、爪も鋭いです。ツミとは何度か出会ったことはありますが、これほど近くで(約10m位)撮ったのは初めてです。逆光と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/17 18:55
2016年 渡良瀬のハイチュウとコミミ
 今シーズン、渡良瀬遊水地で1月16日以後に撮ったハイイロチュウヒとコミミズクの写真をアップします。(1月9日以前の写真は、既にアップ済みです)  渡良瀬遊水地の撮影ポイントは、ハイイロチュウヒのねぐらなので、暗くならないと現れてくれません。しかし、油断をしていると、不意に現れ、悔しい思いをする事があります!!!  1月16日は、期待に違わず?なかなか現れてくれません。  午後4時過ぎに、ハイイロチュウヒのメスが現れてくれました。  葦原の上を低く飛んでいます。日を受けた葦が輝いて、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 13:26
北関東のアトリ 2016年
 『栃木の鹿沼に数万羽のアトリがいる』との情報をいただいたので、さっそく行ってみました。  アトリは冬鳥として、日本各地に渡来します。マヒワやベニマシコ、ギンザンマシコ、ウソなどの木の実や芽を好んで食べる鳥の科名になっています。  田圃に何百羽というアトリが降り立っています。ここは毎年、アトリの群れが通過するとのことですが、こんなに多くのアトリが集まるのは初めてだそうです。昨年の秋の水害で河川が氾濫し、稲刈り前の田が水に浸かってしまいました。多くの稲が実を付けたままになっています。アトリたち... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/04 15:45
2016年 北海道冬紀行 その6
 鶴居村の音羽橋を午前11時に出発し、札幌へ向かいました。白糠インターチェンジから道東自動車道に入り、西へ走ります。十勝清水インターチェンジをすぎると、道は山間部を縫う様に走ります。空からは雪が降ってきます。道は圧雪路に変わりました。雪道の高速走行は疲れます(高速走行といっても、時速50kmに制限されています)。夕張インターチェンジを過ぎると、雪は止み、道は乾燥路に変わりました。  札幌のビジネスホテルに着いたのは、午後4時頃です。ゆっくりとお風呂に入り、ビールを1杯だけ飲んで、就寝しまし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/27 19:04
2016年 北海道冬紀行 その4
 苫小牧から釧路へ向かいました。苫小牧東インターチェンジから道央自動車道を北へ走ります。そして、千歳ジャンクションを東に向かい、道東自動車道に入ります。夕張を過ぎるころから雪が降りだしてきました。路面も圧雪状態です。最高時速は50kmに制限されています。道東自動車道はほとんどが対面交通ですが、ゆっくり走っていると、追越車線のある所では、後続車に追い越されます。  パーキングエリアの中もうっすらと雪が積もっています。スキーで有名なトマムを過ぎ、十勝清水を通過する頃には、雪が止んできました。路... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/20 18:26
2016年 北海道冬紀行 その3
 函館から苫小牧へ向かいます。途中、大沼公園のフクロウを見に行きました。  今朝はいました。雪が降っていたので寒そうです。体が縮まって、顔に雪が積もっています。起こさない様に、ソッと立ち去りました。  大沼公園インターチェンジから道央自動車道に入ります。道路は除雪されていて、乾燥状態です。途中、綺麗な雪山が見えたので、パーキングエリアに停まり撮影しました。  地図で調べてみると、一番高い山が大平山1191m、左の小高い山が長万部岳972mと思われます。  午後3時をまわった頃、苫小牧駅前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/16 16:24
2016年 北海道冬紀行 その2
 シロハヤブサと出会うことは今回の北海道旅行の目的の一つでしたが、来ていないとの事だったので、翌日は大沼公園へ行くことにしました。前日出会ったフクロウの洞へ行ったのですが、エサでも探しに行っているのでしょうか、姿が見えませんでした。それで森林公園へ行ってみました。今シーズンは雪が多いようです。  大沼森林公園の正門です。  初めに姿を現したのは、ゴジュウカラです。お得意の逆立ちをして、木を下りてきます。  入口にミヤマカケスが姿を現してくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/13 16:02
2016年 北海道冬紀行 その1
 2016年1月22日から2月6日まで北海道へマイカーで行ってきました。冬の北海道へマイカーで行くのは初めての経験です。もちろんスタッドレスタイヤに履き替えています。初日は渋滞を避けるため、早朝に出発しました。青森から函館までのフェリーに乗るため、首都高を抜け、東北自動車道を北へ向かいます。急ぐ旅でもないので、ゆっくりと走りました。  東北自動車道の津軽サービスエリアに午後午後5時頃着き、ここで車中泊しました。青森市内で宿泊すればいいのですが、この時間に高速道路を降りると、浦和から青森まで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 16:38
2015年鳥納め、2016年鳥初め
 2015年の鳥撮り納めは12月27日の渡良瀬遊水地でした。ハイイロチュウヒを撮りに意気込んで行ったのですが、オスは現れてくれませんでした。天気は良く、風も適当に吹いていたので、絶好の撮影条件だったのですが!  姿を見せてくれたのはハヤブサでした。  ハヤブサは、私たちの撮影場所をかすめる様に飛んでいきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/13 14:48
憧れの鳥 クロツグミとの出会い
 2005年の初夏の事だと思います。山中湖の有名探鳥地で野鳥を撮影していると、『夕方になるとクロツグミが水浴びに来る』という話を聞きました。どんな鳥か興味がありましたが、日が暮れはじめ暗くなり、寒くなってきたので帰ってしまいました。その後、別の探鳥地で山中湖でクロツグミの事を話していた方とお会いしました。『君が帰った後、クロツグミが出てきたよ、もう少し待っていれば良かったのに』と言われました。それから、クロツグミは私の憧れの鳥となりました。2006年、2007年と山中湖の探鳥地に行ったのですが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/07 14:27
2003-2012年 帷子川ハイライト
 2003年から私の居住する横浜市帷子川(かたびらがわ)流域で鳥捕りを始めた事は既に紹介済みですが、この帷子川の事については紹介していませんでした。帷子という地名は古く、鎌倉時代の文書に出てくるそうです。当時の保土ヶ谷の地形が衣服の帷子に似ているとか、海岸線が入り組んでいたから潟と称していたのが転化したとの説があります。また帷子川は一方が山に囲まれ、他方に田野を控えていたため“片平”といったとも言われています。  帷子川は旭区若葉台付近を水源とし、横浜港に注ぐ全長17kmの二級河川です。江戸時... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/22 20:47
最速のハンター ハヤブサ 子育て編
 江の島でハヤブサと出会って約一か月半後、『ハヤブサが子育てをしている』と聞いて、撮りに行ってきました。  ヒナは3羽いるようです。ヒナと云っても大きさは親と変わらないですね。これからは若と呼ぶことにします。  親が来ると、若たちは大騒ぎです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/07 13:22
最速のハンター ハヤブサ 出会い編
 昔の写真を整理していると、2005年4月に江の島で撮影したハヤブサの写真が出てきました。とある探鳥地で『江の島でハヤブサが生息している』と聞いて、さっそく撮りに行った事を思い出しました。タイトルに最速と書きましたが、飛翔速度ではアマツバメの方が速いようです(正確な速度は分かりませんが、時速170kmといわれています、体長20cm位の鳥の速度としては十分速いですね。ちなみにハヤブサの体長は、オスが38cm、メスが51cmです)。しかし、ハヤブサが獲物を狙って急降下する時の速度は、時速300km以... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/03 09:17
草原のひょうきんもの  コミミズクとの出会い
 2013年1月から3月にかけて、千葉県の休耕地でコミミズクを撮りました。フクロウの仲間は夜間行動するので、なかなか撮るのは難しいでが、コミミズクはフクロウの仲間では比較帝明るい時間から行動します。  コミミズクは4〜6羽位いる様で、カメラマンは多い時で5、60名位いたと思われます。  コミミズクとの出会いは、2006年の渡良瀬遊水地でハイイロチュウヒを撮っている時でした。  遠くでカラスに追われている様でした。やっと、コミミズクかなと分かるくらいで証拠にもならない写真ですが、これがコミミ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/30 06:56
草原の貴公子 ハイイロチュウヒ 苦悩編
 タイトルに苦悩と書きましたが、それほど苦しんではいません。チョット悩んではいますが、楽しんでもいます。  2013年2月に高感度に強いカメラ、Canon EOS-1Dxを買いました。早々、2月3日に渡良瀬遊水地へ行ってきました。前にも書いたと思いますが、渡良瀬遊水地でハイイロチュウヒの塒入りを撮ろうとすると、遠い、暗い、逆光と悪条件がそろいます。しかも、背の高い葦という撮影にとって邪魔なものもあります。(葦が生えているのでハイイロチュウヒは安心して暮らせるのですが)  葦原の中を飛ぶハイイ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/20 06:29
草原の貴公子 ハイイロチュウヒ 出会い編
 私の短い(約12年)撮り鳥歴の中で、撮りたいと思って撮れた鳥より、偶然出会って撮れた鳥の方が多いですね。撮りたいと思いながら、撮れない鳥も多くいます。撮りたいと思いながら、やっと撮れた鳥の一つが、草原の貴公子と呼ばれる“ハイイロチュウヒ”です。、  2013年に撮った、草原の上を飛ぶハイイロチュウヒです。  ハイイロチュウヒに会いたくて(撮りたくて)、2005年1月に渡良瀬遊水地へ行ってきました。渡良瀬遊水地は広くて、どこにハイイロチュウヒが出るのか分かりませんでした。さんざん、さまよい歩... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/13 18:26
2015年秋 沖縄やんばる探鳥記 その2
 早朝、沖縄やんばるの森へ来ました。  目的は特別天然記念物のノグチゲラの撮影です。  やんばるの森は午前6時頃になると、野鳥の声で賑やかになります。日の出は午前6時30分です。しかも、鬱蒼と生い茂った木々の間を走る林道です。真っ暗で何も見えません。空にはオリオンなどの星たちが輝いています。それでも、鳴き声と共に枯葉を動かすゴソゴソという音が聞こえます。どうやらアカヒゲが動き出したようです。でも、最初に出会ったのはノグチゲラでした(ノグチゲラは木の高い所にとまるので見つけやすい)。  ノグ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/05 05:33
2015年秋 沖縄やんばる探鳥記 その1
 2015年10月13日から17日まで沖縄のやんばるへノグチゲラを撮りに行ってきました。2008年秋、やんばるでノグチゲラと出会って8年になります。毎年のように行っていますが、常にノグチゲラと出会えるとは限りません。ここ数年は出会う機会が多いようです。それに‘オサエ’として、この時期に渡ってくるタカの仲間のサシバがいます。沖縄では『寒露の渡り』として、サシバの渡りは有名です。今年の寒露は10月8日です。  今年はユックリと余裕をもって出発したので、やんばるに着いたのが午後3時30分過ぎになって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 06:28
2015年 北海道秋紀行 その4
 午後1時頃に十勝岳望岳台の駐車場に着きました。ウィークデーなのに広い駐車場はいっぱいでした。紅葉の季節、十勝岳へ登る人が多いようです。さっそくカメラを担いでナキウサギの観察場所へ向かいました。ナキウサギについては、その3で紹介した通りです。  ルリビタキです。車に忘れ物をしたので、駐車場に戻る途中で出会いました。カメラを置いてこようか迷ったのですが、持ってきてヨカッタです。夏に若鳥と出会っていました。ここで繁殖しているようです。  ナキウサギの観察場所に戻ってくると、ナキウサギを撮っている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/01 13:25
2015年 北海道秋紀行 その1
 2015年9月13日から10月3日まで北海道方面へ旅行に行ってきました。初日は愛車を駆って東名高速の横浜町田インターチェンジから西へ向かいます。最初の目的地は岐阜と滋賀の県境の伊吹です。北海道へ行く前にクマタカを撮ろうと考えました。この日は道の駅で車中泊なので、お昼前に出発しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/19 16:05
2011年初夏 大沼公園の野鳥
 2011年は5月30日から6月2日まで訪れました。2006年以来5年ぶりにクマゲラと出会えました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/09 17:23
2011年、2012年 沖縄、石垣の思い出
 2009年、2010年と沖縄本島やんばるでアカショウビンを探しましたが、撮ることは出来ませんでした。飛んでいるのを見たり、特徴ある鳴き声は聴くのですが、ジックリと姿を見せてくれませんでした。そこで、2011年からは足を延ばし、石垣島へ行くことにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/08 06:29
2010年 アカショウビンの思い出
 2006年、2008年と沖縄でアカショウビンを撮りましたが、その後、撮ることは出来ませんでした。2010年は長野の戸隠でアカショウビンを見ることが出来ると話題になっていました。多くのカメラマンが集まって大騒ぎになっているとの事でした。ネットで調べてみると、日本各地に現れているようです。そこで、チョット遠いですが青森の十二湖に行ってみる事にしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 16:28
2010年初夏 大沼公園の野鳥
 2010年は5月18日から20日に訪れました。2004年からですから7年目になります。この年はガンバって朝飯前の早朝撮り鳥に挑戦しました。  ベニマシコです。ここで見たのは初めてです。早起きは三文の徳と云いますね。  ベニマシコのメスです。関東では冬鳥ですが、北海道では夏鳥です。  オオルリです。早朝の撮影なので結構暗いです。ISO感度を上げて撮っています。でも、目に光が入りません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/12 14:49
2009年初夏 大沼公園の野鳥
 2009年は5月12日から14日と6月30日から7月2日の2回訪れました。宿泊先のホテルにアカショウビンの写真が飾ってあったので聞いてみると、大沼公園で撮影されたとの事でした。そこで、2回目はアカショウビンを探しに来たのですが、出会えませんでした。  アカゲラです。出会う機会は多いです。  木の葉が前ボケになってしまい、緑のフィルターをかけたようです。  新緑の中のアカゲラです。  アカゲラの幼鳥です。頭頂全体が赤く、色も薄いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/09/10 10:28
2008年初夏 大沼公園の野鳥
 大沼公園を訪れたのは、連休明けの5月7日から9日でした。年々、キビタキやオオルリとの遭遇機会が少なくなってきているようです。この年はアカゲラの営巣木を観察できました。  アカゲラです。ホテルの近くの林にいました。  営巣木です。真ん丸な穴が開いています。  巣の近くの倒木で餌を探しています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/08 18:21
2007年初夏 大沼公園、千歳川の野鳥
 2007年はJR東日本発足20周年乗り放題パスという切符が売り出されました。JR北海道の函館まで行け、新幹線や特急の自由席が使え、料金が6,000円と非常に格安です。5月22日から28日まで大沼公園と千歳川へ行ってきました。有効期限が1日しかないので、片道しか使えません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/07 11:31
2006年初夏 大沼公園の野鳥
 北海道大沼公園へは5月10日から12日に行きました。前年は函館市内に宿泊しましたが、この年から大沼公園近くのホテルに宿泊することにしました。食事の美味しいホテルです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/05 16:24
2005年初夏 大沼公園の野鳥
 2003年に早期退職しましたが、冬の期間(10月から翌年の4月頃まで)はアルバイトをしていました。そのご褒美?として、5月の連休明けに北海道の大沼公園へ静養に行くことにしました。2005年は5月10日から12日までの3日間行ってきました。大沼公園には特別珍しい野鳥がいるわけではありませんが、多くの野鳥が生息しています。そこで撮影した野鳥を紹介します。  夏鳥のオオルリです。大沼公園の遊歩道を歩いていると、よく見かけます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/04 15:20
2004年冬 函館大沼公園の野鳥
 北海道函館山から見た函館100万ドルの夜景です。撮影した日は満月でした。  2003年12月に早期退職し、2004年3月はアルバイトで函館へ来ていました。夜景を撮るなら冬の気温が低い時期が最適です。この時は左上に薄い雲がかかってしまいました。  休日は大沼公園で撮り鳥していました。  オオアカゲラのオスです。2011年7月に青森の十二湖で初見と思っていたのですが、2004年に見ていたのでした。今回写真整理して気が付きました。  脇腹の黒い縦斑がハッキリと分かります。  背中の白い模様... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/03 04:31
2009年、2010年 沖縄の思い出
 2008年は沖縄へ何回か出張したので、航空会社のマイルが貯まっていました。2009年4月、マイルを使って沖縄のやんばるの森へ野鳥を撮りに行きました。  アカヒゲのオスです。嘴には小さな虫を咥えています。撮影した日は4月16日なので、子育て中の様です。  ヒナを呼んでいるのでしょうか、羽根を羽ばたかせています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/25 18:27
2012年、2013年 伊吹山の思い出
 2012年の夏も暑い日が続き、近くのカワセミ撮りにも行く気がせず、家でグウタラしていました。そんな時、伊吹山のイヌワシの話を聞きました。8月の中頃、東名高速道を西へ向かいました。  伊吹山は9合目まで車で行くことが出来ます。そこにはスカイテラスがあり、広い駐車場に車を停められます。そこから頂上までは徒歩で約30分位で登ることが出来ます。登山道の両側には、四季折々、高山植物のお花畑が広がっています。  初日は9合目の駐車場で車中泊しました。この時は車中泊できましたが、現在は入山時間が指定され... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/21 21:13
北関東のヤマセミ
 2015年5月の中頃。渡良瀬遊水地で知りあった方から「ヤマセミの幼鳥が出ている」との情報をいただきました。さっそく撮りに行ってきましたので、紹介いたします。  河原の駐車スペースに車を停めてカメラを準備していると、  オオヨシキリがけたたましく鳴いて、出迎えてくれました。  ヤマセミ君は長い時間、同じところに止まっています。チョット油断をしていると、  急に飛び出してホバリングをはじめました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/03 18:39
2015年夏 北海道探鳥記 ギンザンマシコ編
  今回の北海道での目標の一つは、ギンザンマシコの撮影です。  別海では別海ふれあいキャンプ場で車中泊しました。ここは日帰り温泉も近く、コインランドリーもあります。午後2時頃には着いたので、ゆっくりと入浴し、洗濯をしました。  翌日、早起きして野付半島へ向かいました。約1時間の行程です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/21 14:58
2015年夏 北海道探鳥記 シマアオジ編
 2015年6月27日から7月11日まで北海道へ撮り鳥しに行ってきました。2012年から毎年行っています。今年で4年目になります。今までは『なんでも撮る』と云う意気込みで行っていたのですが、今回は目標を絞って行く事にしました。その一つがシマアオジです。昨年はサロベツで遠くに豆粒ほどのシマアオジを見ましたが、撮ることは出来ませんでした。粘れば撮れたかもしれませんが、枝幸でやっていたカニ祭りの誘惑に負けてしまいました。  昔、シマアオジは北海道の何処にでも見られたそうですが、今はサロベツでしか見ら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/20 13:18
2015年北東北にアカショウビンを訪ねて その3
 この北東北の探鳥地では、アカショウビン以外にも沢山の生き物と出会えます。  モリアオガエルは池の上の木の枝にたまごを産み付けます。一匹の雌の上に何匹もの雄が乗っています。たまごは泡に守られて、オタマジャクシのなって下の池に落ちます。モリアオガエルはアカショウビンやカケス、オシドリ等の餌になって、この森の生態系を支えているのですね。(オシドリがカエルを食べるとは知りませんでした) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/15 06:42
2015年北東北にアカショウビンを訪ねて その2
 北東北の池のほとりでアカショウビンを撮りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/14 16:35
2015年北東北にアカショウビンを訪ねて その1
 6月15日からアカショウビンを撮りに北東北へ行ってきました。この探鳥地へは2010年から毎年行っています。  沖縄で撮ったリュウキュウアカショウビンと較べると、胸部から腹部へかけての赤みが薄い(白っぽい)ですね。. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/13 04:59
2015年沖縄探鳥記 宮古島 後編
 7日目(宮古島3日目)  早朝は暗すぎるので、早目に朝食を済ませてから撮り鳥する事にしました。水場には午前8時頃着きます。  地面に下りて餌を探しています。カエルを捕まえた様です。  セミを捕まえたてトラロープに止まりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/13 04:32
2015年沖縄探鳥記 宮古島 前篇
 5日目(宮古島初日)  宮古島の宮古空港に着いたのは午後3時でした。石垣空港を離陸して20分チョットで着きます。ホテルでレンタカーを借り、さっそく双眼鏡だけを持って、探鳥地へ向かいました。今年はあまり雨が降っていないので水場に水が無いのではと聞いていました。チョット心配でした。駐車場から水場へ行く途中、撮り鳥帰りの方に話を聞くことが出来ました。「例年に比べ出は良くない」との事でした。目的の水場に近づくにつれ、アカショウビンとサンコウチョウの声が聞こえます。水場に着くと、池には水がいっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/12 05:26
2015年沖縄探鳥記 石垣島 後編
 3日目(石垣島3日目)  今日も早朝から撮り鳥です。さっそく現れてくれました。  髭の長い虫(何かは分かりません)捕まえました。  かなり大きなムカデを捕まえました。カワセミと同じようにエサを木の枝にたたいて、弱らせてから食べました。  羽づくろいをしています。林間を飛ぶので、羽にダニやクモの糸が付きます。  ここでアカショウビンの飛行シーンを撮る事は、私のウデでは難しいです。飛び出した瞬間を撮りましたが、ピントは甘く、ブレています。なにせシャッター速度が1/100秒です。  ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/10 05:38
2015年沖縄探鳥記 石垣島 前篇
 2015年5月下旬から9日間沖縄の石垣島と宮古島へ撮り鳥に行ってきました。目的は炎の鳥リュウキュウアカショウビンの撮影です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/09 08:40
鳴鳥 コマドリとの出会い
 2010年5月、山中湖の大洞で出会った方から、「柳沢峠でコマドリが出ている」と聞きました。その年の6月の中ごろに行ったのですが、遅すぎたのか、コマドリとは出会えませんでした。しかし、小川に降りると河原には、ロープがはってあり、野鳥を撮影していた跡がありました。  2011年は5月の中頃、柳沢峠へ行きました。前年、ロケハンした河原には10人近くのカメラマンがいました。クロジやコルリ、キビタキ、カケスは現れるのですが、コマドリは現れてくれません。河原で撮影していた人が「山道を少し登った所に出... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/27 16:19
2014年 広島の思い出 2
 2月15日はデジタル一眼レフで‘ヤマセミを撮影’と意気込んで行きましたが、そう簡単には撮らせてくれません。結局、この日、ヤマセミの姿は見かけたのですが、ヤマセミの写真は撮れませんでした。しかし、ノスリとミサゴは撮れました。  ノスリが上空を舞ってカラスと追いかけっこをしていました。  ミサゴは川沿いの上空を行ったり、来たりしています。  ミサゴの正面からの写真は迫力がありますね。なにか襲われそうです。  もちろん、次の日も朝早くから出かけました。  暗い川面を見ていると、白黒の水鳥が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/16 14:45
2014年 広島の思い出 1
 2014年1月8日から、約2ヶ月間、広島へ出張していました。休日を利用し、ヤマセミを探すことにしました。インターネットで調べてみると、広島県にはヤマセミが数多く生息しているようです。広島に来て最初の休日、勇んで目ぼしい川の土手の上の道を徒歩で探しました。すると白っぽい鳥が水面近くを真直ぐ飛んでいるのを見かけました。「ひょっとしてヤマセミかも」と思いましたが、止まった所が分からず、姿を確認できません。「歩き疲れたので帰ろう」と思いましたが、もう一度と思い直し土手の上の道を歩いていくと、河原に立っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/10 03:37
2015年春広島 やませみ物語
 とある川辺の木の枝に2羽のヤマセミがとまっていました。 メスのヤマセミ「なんでプレゼントを持ってこないのよ」とチョットおかんむりです。冠羽は閉じていますが。 オスのヤマセミ「ごめんなさい、チョット水が冷たくて」と言い訳をしました。 メスのヤマセミ「あなたは何時もやる気がないのよ、これから子供が生まれたら大変だわ、手本を見せるから、よく見てなさい」 メスのヤマセミ「こうやってホバリングをして、川の中をよく見て魚を探すのよ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/01 17:31
東北の野鳥その11 大震災とアオゲラ
 2011年3月11日の東日本大震災から4年の歳月が流れようとしています。この大地震が起きた時、私は岩手県の北上市にいました。仕事も終盤に差し掛かり、現場を見回っている時の事でした。携帯の地震情報が鳴ると同時に突き上げるような揺れがし、まっすぐ歩くことが出来ませんでした。揺れが収まるまで、長い時間がかかったようです。私たちの事務所は停電したので、テレビを見ることが出来ませんでしたが、お客様の事務所には、非常用の発電機があったのでテレビを見ることが出来ました。テレビには仙台平野を襲う津波が映し出さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/09 16:33
東北の野鳥その10 番外編
 岩手県の北上市を流れる和賀川の河川敷には、野鳥以外に多くの哺乳類も生息しています。私は出会ったことがありませんが、クマも出るそうです。ウサギは一度だけ出会ったことがありますが、写真は撮れませんでした。  イタチです。動物園以外で初めて見ました。可愛い顔をしていますが、野鳥を襲います。尻尾が長いですね。  雪の中からヒョッコリ顔を出し、警戒しているようです。  春先のイタチです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/07 16:10
東北の野鳥その9 その他の野鳥
 2009年10月から2012年3月までの冬の期間、東北で数多くの野鳥と出会いました。今まで掲載できなかった野鳥や掲載を忘れていた野鳥の写真を掲載します。  アオジです。よく見かけます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/06 00:27
東北の野鳥その8 水辺の野鳥
 2009年から2012年の冬の季節に岩手県北部で撮影した水辺の野鳥を紹介します。  ミコアイサです。通称『パンダガモ』と呼ばれています。初めて見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/02 16:15
2015年冬北海道探鳥記 札幌編
 札幌の1日目は、天気が悪く、昨晩夜遅く到着し、疲れていたので1日中ホテルにいようと考えていました。朝ゆっくり起き、洗濯をしながらテレビで“スーパーボール”を見ていました。“スーパーボール”が終わって外を見ると雪がやんでいました。12時を過ぎていたので、昼飯を食べるついでに去年キレンジャクと出会った山の手通りへ様子を見に行く事にしました。山の手通りについてみると、風が強く、雪も降り出してきました。鳥もアカゲラとツグミ、ヒヨドリくらいしか見かけません。さらに凍った道で転倒する事数回、背負っていたリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/11 05:38
2015年冬北海道丹頂(探鳥)記 釧路編
 2015年1月29日から1週間冬の北海道へ撮り鳥に行ってきました。まずは釧路空港でレンタカーを借り、一路阿寒国際ツルセンターへ。ここにはタンチョウが100羽近くいました。ここでは給餌に魚を出すので、それを狙ってオジロワシ、トビ、カラス、キタキツネなどが来ます。運が良ければ、オオワシが来ることも。去年はオオワシが来たのですが、遠くて撮れませんでした。  阿寒国際ツルセンターにはタンチョウ観察センターがあり、そこでタンチョウの撮影ができます。また、ラーメンやカレーなどの軽食を食べることもできます... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/10 04:55
東北の野鳥その7 猛禽類
 2009年から2012年までの冬の期間は岩手県北上市へ出張していました。この時、撮影した猛禽類を紹介します。  岩手県北部の滝沢村(現在は滝沢市)のネイチャーセンターでは室内からたくさんの野鳥を観察することができます。2010年3月、そこで初めてハイタカを見ました。  藪の中ですが、なんとかハイタカが撮れました。集まってきた小鳥をねらった様です。  チョウゲンボウです。北上市相去というところで電柱にとまっていました。ここには写っていませんが、右足に小鳥をつかんでいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/27 15:11
キツツキ類九種
 日本に生息するキツツキ目キツツキ科は11種となっています(高野伸二著フィールドガイド日本の野鳥1989年増補版より)。その中のキタタキは1920年対馬で雌雄が採集されてから、観察されておらず、絶滅したものとされています。また、ミユビゲラは2010年に北海道で観察されていますが、簡単に見つかるとは思えません。2014年に北海道でコアカゲラを見て、前出のキツツキ2種以外のキツツキ類9種を見ることができました。私の密かな自慢です。  まずは天然記念物のクマゲラからです。日本では北海道と北東北に生息... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/24 16:51
東北の野鳥その6 アトリの仲間たち
 アトリの仲間は年により出現数の変化が大きいようです。2010年の冬はよく出てくれました。  アトリです。数羽の群れで出てきてくれます。多い時は数十羽にもなるそうです。  地面に落ちている草木の実を食べています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/17 15:49
2014年を振り返って 野鳥編3
 2015年も一週間が過ぎました。まだ2014年の振り返りが終わっていません。早くしないと2015年が終わってしまうかも。  例年、秋になるとタカの渡りを見に、信州白樺峠、渥美半島伊良湖岬へ行っていました。白樺峠と伊良湖岬ではタカの渡りの時期が少しずれています。2014年は、この間を利用して北海道へ行ってきました。9月17日に出発し、10月4日に帰ってくるという長旅になりました。例年白樺峠は日帰りでしたが、今回は峠の駐車場で1泊しました。  白樺峠のハチクマです。こんなに綺麗なハチクマを撮れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/08 16:50
撮り鳥への誘い(撮り鉄から撮り鳥へ)
 2002年9月、カメラを持って近くの公園を歩いていると、散歩中の人が 『カワセミがいますよ』 と教えてくれました。その人の指差す方向をみると、青い鳥が岩の上にとまっていました。体の大きさに比べて長い嘴、金属光沢のある青い羽根、胸から腰にかけて鮮やかなオレンジ色、確かにカワセミでした。都市公園の決して綺麗とはいえない池に 『清流の宝石』 と呼ばれるカワセミがいるとは、思いもしませんでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/10 09:24

トップへ | みんなの「野鳥」ブログ

八五郎の思い出写真館 野鳥のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる