八五郎の思い出写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて

<<   作成日時 : 2017/04/11 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 秋田県北西部から青森県南西部にかけて、人手の入っていない、ブナを中心とした落葉広葉樹の森が広がっています。そこは白神山地と呼ばれ、1993年12月に屋久島と共に世界自然遺産に登録されました。その北部の十二湖に毎年5月頃、南の国からアカショウビンが繁殖の為にやってきます。
 2011年は6月13日から17日まで十二湖へアカショウビンを撮りに行ってきました。
画像
 アカショウビンです。昨年と比べて、出が悪いようです。
画像
 南の島のアカショウビンとの違いが分かりますか。胸から腹部にかけて、少し白っぽいです。
画像
 昨年、出会ったところで、何とか撮れました。
 宿泊した旅館の方に聞いた、早朝によく出るという所へ行ってみました。
画像

画像
 午前6時20分の撮影です。森の中は暗く、雨も降ってきました。この日、満足に撮れたのは1回だけでした。
画像
 仕方なく、オシドリのメスを撮りました。
 翌日は前日より早く起きだし、撮影に出かけました。
画像
 『早起きは三文の得』です。午前5時の撮影です。
画像

画像

画像
 よ〜く観察していると、何か落ち着きがありません。
 しばらくして、オスが(多分)エサを運んで、メスの(多分)前に置きました。暗い為、シャッター速度が上がらず、ブレてしまいます。(この時の写真は“思い出の2ショット”にアップしています)
画像
 初めてアカショウビンの2ショットを撮りました。
画像
 その後、会えたのは1回だけでした。
 翌日もアカショウビンを探しました。
画像
 暗い所でエサを捕っていました。今日も出は悪いです。
 そこで、十二湖を散策してみました。
画像
 ブナ林の中を散策路が十ています。
画像
 十二湖の主要スポットの一つ、青池です。
画像
大崩です。この山頂から見たとき、12の湖が見えたことから、十二湖になったと云われています。
画像
 この日、最後にオシドリのメスを撮って旅館へ帰りました。
 翌日も同じ池でアカショウビンを待ちました。鳴き声は聞こえるのですが、なかなか撮れる所に出てきてくれません。
画像

画像
 正午過ぎに、先日2ショットを撮った木の枝にとまってくれました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
 この日は撮りやすい所に出てくれました。午後4時になっても近くに出ていたのですが、自宅へ帰る日だったので、涙をのんで帰りました。
 この年は、7月20日から23日も十二湖を訪れました。
画像
 アカショウビンを満足?に撮れたのは、暗い所でエサ取りをしていた、この1枚だけでした。
画像

画像

画像
 アカショウビンを待っていた池には、オシドリのメスと、そのヒナたちがいました。
画像
 午前5時の撮影です。オオアカゲラと気が付いたのは、数年後の事です。
画像

画像

画像
 この時は、ただのアカゲラだと思っていました。よく見れば、背の模様や脇の縦斑に気が付いたのですが、この時はアカショウビンの事だけを気にしていました。
 アカショウビンが出てこないので、JR五能線の列車を撮りに行きました。
画像
 日本海を背景に、リゾートしらかみ「青池」が鉄橋を通過していきました。
画像
 大間越トンネルを通って、秋田へ向かう、リゾートしらかみ「くまげら」編成です。
 2011年は、延べ9日間十二湖でアカショウビンを探したのですが、満足に出会えたのは、3日間でした。野鳥撮影の難しさを痛感しました。そう簡単に会えないから、『また来年も』と思うのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年 北国のブナの森に赤い鳥を訪ねて 八五郎の思い出写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる